中古ドメインの探し方1つでサイト作成からアクセスが来るまでの時間が短縮できたりといいことがあります。しかし、中古ドメインの探し方を間違ってしまうと、なかなか上位を取れないなどデメリットが増えるので気をつけましょう。

より良い中古ドメインを探す少年

日本語の中古ドメインとパラメータチェック

中古ドメインは日本語ドメインも増えています。ドメインはもともとアルファベットのみでしたが、各国の言葉に対応するために2バイト対応が行われています。2バイト対応されているドメインは日本語ももちろん対応しており、多数のドメインが販売されています。ただし、日本語ドメインについてはウェブサイトでの運用実績が多いのにすぐに切り替えられてしまうことも多く、中古ドメインとして価値が大変高くなっています。そのため、日本語中古ドメインは人気が高く、高値になるケースが多いです。中古ドメインの活用としてはメインサイトよりもサテライトサイトでの運用が多いことから日本語ドメインでも十分対応しやすくなっています。中古ドメインはたくさんありますが、選択時にはいくつか注意したいパラメータがあります。1つめのパラメータはインデックスです。インデックスはウェブサイトを検索サイトが評価した結果であり、数が多ければ多いほど高評価といえます。また、ドメインでウェブサイトの運用実績があるのにインデックスがゼロという場合は逆に危険性が高まります。インデックスがない場合はウェブサイトからペナルティをかけられている場合が多く、新規ウェブサイトを接続してもペナルティ対象となるので要注意です。2つめはバックリンクです。SNSからのリンクが特に注目されており、フォロワー数が多い方からのリンクは重要です。バックリンクは定期的なPVに繋がりますし、拡散されやすいので一気にウェブサイトの注目度を上げられると期待されています。中古ドメインを選ぶ方の多くがPVのためということもあり、チェックするサービスを使って良質なリンクが多い中古ドメインを探したいものです。